カジヒデキ 堀江博久




/////////////////////////////////////////////////////////////////


2019年9月16日(月祝)NEW!

/////////////////////////////////////////////////////////////////

「夏の終わりのセシルカット」Cafe Live Tour





2019年9月16日(月祝)


「夏の終わりのセシルカット」Cafe Live Tour

【出 演】 カジヒデキ、堀江博久
【D J】 OYAZI コマダマヤ(SO NICE! BE HAPPY! )
【開 場】 15:00
【開 演】 15:30
【料 金】 ¥3500 ※要オーダー

 ご予約・お問い合わせ

【予約フォーム】 こちら

【電話予約】059−352−4680 (ラジカフェアパートメント)
【メール予約・お問合せ】
locci@radicafe.com(ラジカフェ)
https://sonicebehappy.jimdo.com/(SO NICE! BE HAPPY!)


radi cafe apartment

510-0086 四日市市諏訪栄町1−6  ( Google map )


※ 2014年、ラジカフェの場所が変わりました! 近鉄四日市駅より徒歩4分です

 お越しの際は公共交通機関、または有料駐車場をご利用ください。




///////////////////////////////////////////////////////////////// 





【 カジヒデキ 】

1967年5月08日生まれ。千葉県富津市出身。
1986年、ゴスバンド、Neurotic Dollにベーシストとして加入し、本格的に音楽活動をスタート。
1987年、Lollipop Sonic(後のThe Flipper’s Guitar)のデビューライブを観て衝撃をうけ、1989年9月、ネオアコースティック・バンド、BRIDGEを結成。
1990年、The Flipper’s Guitar監修によるコンピレーション・アルバム「Fab Gear」参加を皮切りに、Crue-L RecordsやA Trumpet Trumpet Recordsなど国内のレーベルのみならず、アメリカ、フランス、スウェーデン等のインディ・レーベルのコンピレーションに参加し、世界中のインディ・ポップ・ファンから注目を集める。
1992年11月、小山田圭吾が主宰していたレーベル、Trattoriaよりデビュー。2枚アルバムをリリース後、1995年に解散。
1996年「MUSCAT E.P.」でソロ・デビュー。
1997年1月に発表したファースト・アルバム「MINI SKIRT」では、世界的なブームになる直前のスウェーディッシュポップの要素を取り入れ、30万枚を超える大ヒットを記録するなど90年代の渋谷系を牽引した。その後もTore Johansson、Eggstone、The Pastels、Bertrand Burgalatらと制作した作品を発表するなど自身のルーツとなるネオアコースティック|ニューウェイブ|ポストパンクをベースに音楽的な領域を拡げている。
2008年には映画「デトロイト・メタル・シティ」の音楽を担当。主題歌「甘い恋人」がスマッシュヒットする。
またDJイベント「BLUE BOYS CLUB」主宰、TBSラジオ、bayfm、渋谷のラジオでのレギュラー・パーソナリティ、音楽フェス「PEANUTS CAMP」キュレーションなど、 音楽の紹介者としても幅広く活躍中。
18枚めの最新アルバム「GOTH ROMANCE」が好評発売中。

hidekikaji.net





ホッホツァイツカペレ テニスコーツ



/////////////////////////////////////////////////////////////////


2019年9月4日(水)NEW!

/////////////////////////////////////////////////////////////////

ALIEN PARADE - 三重編







2019年9月4日(水)


【出 演】 Hochzeitskapelle(ホッホツァイツカペレ)、テニスコーツ
【開 場】 19:00
【開 演】 19:30
【料 金】 予約¥2500 当日¥3000 ※要オーダー


 ご予約・お問い合わせ

【予約フォーム】 こちら

【電話予約】059−352−4680 (ラジカフェアパートメント)
【メール予約・お問合せ】locci@radicafe.com

radi cafe apartment

510-0086 四日市市諏訪栄町1−6  ( Google map )


※ 2014年、ラジカフェの場所が変わりました! 近鉄四日市駅より徒歩4分です

 お越しの際は公共交通機関、または有料駐車場をご利用ください。




///////////////////////////////////////////////////////////////// 





【 Hochzeitskapelle / ホッホツァイツカペレ 】

ドイツ語でウェディング・バンド。
The Notwist、Lali Puna、thirteen God、Spirit Festのマーカス・アーハー(drums)と弟のミヒャ(tuba, trumpet)、イフィー(viola, tuba)、アレックス(banjo)、マティアス(trombone)の5人から成る新型ブラスバンド from ミュンヘン。
サン・ラ、ムーンドッグ、フランシス:ハーディー、ラリ・ピュナ、ビル・ウェルズ、テニスコーツ、カマ・アイナまで、世界中から楽曲を探し、アレンジと即興を交えたオリジナルなスタイルでカバーする。
2016年 1stアルバム “the world is full of songs“(gutfeeling)、2018年 Kama Ainaとのコラボレーション・アルバム “Wayfaring suite“(alien transistor, gutfeeling)、そして、今年2019年に2ndアルバム “if I think of love“(gutfeeling)をリリース。
通常のライヴスペースではなく、レストランやバー、川や湖のほとりなど、人々が飲んだり踊ったりする場を好み演奏する。
マーカスの主催するAlien Diskoフェスティバルでは、G.Rag + Die Landlergschwisterらと街をパレードしたり、オルタナティヴなブラスバンド・シーンを形作り、人々に愛されている。






【 Tenniscoats / テニスコーツ 】

さや(Vocal)と植野隆司 (Guitar)のバンド、1996年~。
楽器のような歌と声のようなアコースティック・ギターで、日本、アジア、オーストラリア、アメリカ、ヨーロッパなど、どこへでも出かける。単独・コラボレーションでのアルバムが全26枚、他ユニット、ソロ作が国内外でリリースされている。
最近の活動では、ドイツのマーカス・アーハーらと結成したバンドSpirit Fest、ざやえんどう 、植野のソロ・カセットシリーズがある。主宰するmajikickレーベル(1995~)は、51作品目をリリースした。
2017年札幌国際芸術祭、参加作家。
2018年、ミュンヘンのAlien Disco FestivalでThe Notwistと共にキュレーションを担当。
2019年、ベーシスト立花泰彦との「ワルツ・フォー・ダビー」(7e.p.)、また 編纂を担当したJPコンピレーション’’Minna Miteru’’(Morr Music, Alien Transistor)が発売になる。